岡部藩/安部家2万2250石:安部信発 幕末の動乱の中三河国半原藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

岡部藩/場所・アクセス・地図 安部家2万2250石:安部信発 幕末の動乱の中三河国半原藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
岡部藩

【説明】
安部氏の歴代藩主の多くは、大坂定番・加番などを務めている。第7代藩主「安部信允」も大坂定番を務め、藩校「就将館」を設置している。幕末の藩主「安部信宝」は「高島秋帆」の身柄を預かり、また、大坂城や二条城の定番を務め上げたが、文久3年(1863年)7月6日に死去した。

その後を継いだ岡部藩主「安部信発」は、水戸藩の「武田耕雲斎」「藤田小四郎」らによる「天狗党の乱」で、岡部領を通過しようとした天狗党と交戦し、武功を挙げている。慶応4年(1868年)3月には勅命により上洛し「新政府軍」に恭順した。

安部氏は武蔵国岡部を本拠としていたが、所領が各地に分散していた。2万石余りの所領の内、本国武蔵と上野には合わせても5千石程度の所領しかなく、飛地である摂津に約8千石、三河に約7千石という所領を保持していた。

慶応4年(1868年)に明治新政府より所領安堵を受けた際に、藩庁を武蔵国岡部から三河国半原へと移転することが認められて、半原藩と名称を変えた。そして岡部藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る