忍藩/松平家10万石:松平忠誠 戊辰戦争では新政府軍についた忍藩【幕末維新写真館】

忍藩/場所・アクセス・地図 松平家10万石:松平忠誠 戊辰戦争では新政府軍についた忍藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
忍藩

【説明】
忍藩3代藩主「松平忠国」は所領10万石のうち5万石を上総・安房に移されたため、異国船の警備を任じられた。嘉永6年(1853年)、ペリー艦隊が来航して幕府に開国要求が迫ると、幕府は短期間の工期で品川砲台(現在のお台場)の竣工を行った。

忍藩/場所・アクセス・地図 松平家10万石:松平忠誠 戊辰戦争では新政府軍についた忍藩【幕末維新写真館】

品川砲台のうち第三台場(現在のお台場砲台)を忍藩に担当させている。これが原因でさらに藩の財政は逼迫し、安政2年(1855年)の「安政の大地震」と安政6年(1859年)の大洪水で領内も大被害を受けた。

※忍藩が担当した品川第三台場(現在のお台場砲台跡地)
忍藩が担当した品川第三台場(現在のお台場砲台跡地)

慶応3年(1867年)の大政奉還後、4代藩主「松平忠誠」は旧幕府軍と新政府軍のどちらに与するかを迷い、藩論も佐幕派・尊皇派に分裂した。翌年、「戊辰戦争」が勃発すると前藩主「松平忠国」の意思にて藩論は新政府側に与することで決し、忍藩兵は東北各地に出陣した。

忍藩/場所・アクセス・地図 松平家10万石:松平忠誠 戊辰戦争では新政府軍についた忍藩【幕末維新写真館】

5代藩主「松平忠敬」は明治2年(1869年)の「版籍奉還」で忍藩藩事となり、明治4年(1871年)7月の「廃藩置県」で忍藩は廃藩となる。その後、忍県が設置され、明治4年(1871年)11月には埼玉県に併呑された。

忍藩/場所・アクセス・地図 松平家10万石:松平忠誠 戊辰戦争では新政府軍についた忍藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る