川越藩/松平家8万4千石:松平康載 老中の座を辞して新政府軍に恭順した川越藩【幕末維新写真館】

川越藩/場所・アクセス・地図 松平家8万4千石:松平康載 老中の座を辞して新政府軍に恭順した川越藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
川越藩

【説明】
幕末の藩主「松平康英」は慶応4年(1868年)、新政府軍に恭順することで藩論をまとめ、老中を辞する。その後恭順の意を示そうと上洛するが、新政府軍に近江国の飛地領2万石を没収の上で謹慎処分にされた。康英は川越城の堀を埋め、新政府軍にひたすら恭順することで川越の街の戦火を回避した。

川越藩/場所・アクセス・地図松平家8万4千石:松平康載【幕末維新写真館】

川越藩は「上野戦争」から離脱した彰義隊の分派の「振武隊」を能仁寺の戦い(飯能戦争)で掃討した。明治2年(1869年)、康英は所領を守るため、家督を養子の康載に譲り隠居した。

川越藩/場所・アクセス・地図松平家8万4千石:松平康載【幕末維新写真館】

「松平康載」は川越藩知事となり、明治4年(1871年)の「廃藩置県」に伴い川越藩は川越県となった。以後、県庁が置かれた入間県・熊谷県を経て埼玉県に編入された。

川越藩/場所・アクセス・地図松平家8万4千石:松平康載【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る