栗原藩/成瀬家1万6千石:成瀬之虎 無嗣断絶にて改易の上廃藩【幕末維新写真館】

栗原藩/場所・アクセス・地図 成瀬家1万6千石:成瀬之虎 無嗣断絶にて改易の上廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
栗原藩

【説明】
元和2年(1616年)、「成瀬正成」は尾張藩主となった家康の九男「徳川義直」の付家老となったため陪臣扱いとされた。所領下総や各地に分散していたが尾張犬山へ移された。この時、正成の次男「成瀬之成」が父の領知のうち下総と三河国内1万4000石を分与され、自身の武蔵国幡羅郡1000石と合わせて「栗原藩」1万5000石の2代藩主となる。

成瀬之成は「徳川秀忠」の小姓として「大坂の陣」に参戦し、秀忠の命で根来足軽衆を率いるなど信任が厚かった。元和9年(1623年)にそれまでの功績によって近江国内に1000石の加増を受けて1万6000石となった。

寛永11年(1634年)に徳川家光の上洛に従った「成瀬之成」は急逝し、さらに跡を継いだ「成瀬之虎」が寛永15年(1638年)に早世したため、栗原成瀬氏は無嗣断絶で改易となり廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る