多胡藩/久松家1万石:久松勝行 九十九里真忠組の乱鎮圧で功績があった多胡藩【幕末維新写真館】

多胡藩/場所・アクセス・地図 久松家1万石:久松勝行 九十九里真忠組の乱鎮圧で功績があった多胡藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
多胡藩

【説明】
幕末期の多胡藩主は「松平勝行」で九十九里「真忠組」の反乱鎮圧で功績を挙げた。戊辰戦争が勃発すると勝行は徳川幕府との決別を示すために松平姓から元の久松姓に戻した。

翌年の「版籍奉還」で多胡藩知事となったが、まもなく家督を「久松勝慈」に譲って隠居した。明治4年(1871年)の「廃藩置県」で多胡藩は廃藩となる。その後、多胡県、新治県を経て千葉県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る