下妻藩/井上家1万石:井上正巳 一部藩士が会津戦争へ参戦し改易の危機に瀕した下妻藩【幕末維新写真館】

下妻藩/場所・アクセス・地図 井上家1万石:井上正巳 一部藩士が会津戦争へ参戦し改易の危機に瀕した下妻藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
下妻藩

【説明】
正徳2年(1712年)「井上正長」が1万石で下妻へ入封し下妻藩が立藩する。正長は美濃郡上藩主「井上正任」の三男であったが、父から3000石を分与されて交代寄合となり、「徳川家宣」が甲府藩主の時代からその家老を務め、家宣が将軍後継者となると御側衆となり3000石を加増された。

下妻藩/場所・アクセス・地図 井上家1万石:井上正巳 一部藩士が会津戦争へ参戦し改易の危機に瀕した下妻藩【幕末維新写真館】

その後も順調に加増されて8000石になり、家宣が死去するとその遺命により、正長は2000石を加増されて1万石の大名として下妻藩主となった。下妻井上家は幕末期に浜松藩を領した井上家の分家にあたり、他にも上総高岡藩があり、それぞれ無事に明治維新を迎えている。

第14代藩主「井上正巳」の時に明治維新を迎え、慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、はじめは幕府側に与して江戸城清水門の警備を務めた。後に新政府側に寝返ろうとしたが、旧幕府軍からの圧力を受け、一部の藩士が会津戦争で会津側に与した。新政府からそれを咎められて、改易に処されかけたが、家老が懸命に弁明し、さらに佐幕派であった今村昇らを処断したため改易を免れた。

下妻藩/場所・アクセス・地図 井上家1万石:井上正巳 一部藩士が会津戦争へ参戦し改易の危機に瀕した下妻藩【幕末維新写真館】

明治2年(1869年)6月24日の「版籍奉還」で下妻藩知事となり、明治4年(1871年)7月14日の「廃藩置県」にて下妻藩は廃藩となった。その後下妻県を経て、同年11月には茨城県に編入された。

下妻藩/場所・アクセス・地図 井上家1万石:井上正巳 一部藩士が会津戦争へ参戦し改易の危機に瀕した下妻藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る