常陸松岡藩(水戸藩支藩)中山家2万5千石:中山信徴 幕末時は水戸藩宗家より独立した松岡藩【幕末維新写真館】

常陸松岡藩(水戸藩支藩)中山家2万5千石:場所・アクセス・地図 中山信徴 幕末時は水戸藩宗家より独立した松岡藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
常陸松岡藩

【説明】
江戸時代初期に戸沢氏が常陸松岡に4万石で入封し、約20年間統治した。戸沢氏が転封になると松岡周辺は水戸領となり、水戸藩附家老中山家が居館を築いた。第10代藩主「中山信敬」は水戸藩主「徳川治保」の弟だったため水戸藩宗家一門に列し中山氏の地位向上に努めた。

同時に城下町の整備なども行なわれたため藩の財政はひっ迫され、家臣の俸禄借り上げなどが行なわれた。明治元年(1868年)1月、松岡藩は新政府軍に嘆願書を送り独立運動を展開し、正式に水戸藩から独立した。明治2年(1869年)の版籍奉還で信徴は松岡藩知事となったが、明治4年(1871年)の「廃藩置県」で松岡藩は廃廃となり松岡県となった。同年11月、松岡県は茨城県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る