水戸藩/徳川家35万:徳川昭武 桜田門外の変や天狗党の乱で多くの有志を失い失速した水戸藩【幕末維新写真館】

水戸藩/徳川家35万:徳川昭武 桜田門外の変や天狗党の乱で多くの有志を失い失速した水戸藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
水戸藩

【説明】
水戸城は戦国時代後期は「佐竹義宣」の領地だったが、関ヶ原の戦いの局地戦で旗幟不鮮明により、秋田(久保田藩)へ減封の上、転封となった。その後、徳川家康の五男松平(武田)信吉が15万石で入封したが、翌年、信吉は21歳で病死した。信吉の死により翌月、家康の十男で当時2歳の長福丸(徳川頼宣)が新たに20万石で水戸に入封する。

水戸藩/徳川家35万:徳川昭武 桜田門外の変や天狗党の乱で多くの有志を失い失速した水戸藩【幕末維新写真館】

しかし、頼宣は紀州へ移封となり初代紀州藩主となる。頼宣のあとに、頼宣の同母弟である家康の十一男の鶴千代丸(徳川頼房)が下総下妻藩より25万石で入封した。ここに頼房を初代藩主とした御三家水戸徳川家が成立した。

9代藩主「徳川斉昭」は藩政の改革と幕政への参加を志し、藤田東湖らの人材登用を行うとともに、教育改革についても弘道館を建設して整備を行い、水戸学が藩論に強い影響を与えることになった。しかし、尊王攘夷の考えが極度に傾向のため幕府から疎まれ、長男の「慶篤」に家督を譲って隠居を余儀なくされた。

水戸藩/徳川家35万:徳川昭武 桜田門外の変や天狗党の乱で多くの有志を失い失速した水戸藩【幕末維新写真館】

10代藩主となった「徳川慶篤」は、3連枝(高松藩主松平頼胤、守山藩主松平頼誠、府中藩主松平頼縄)の後見のもとで藩政を行った。なお、15代将軍「徳川慶喜」は慶篤の実弟であり、御三卿の一つ「一橋家」を継いでから徳川家最後の将軍となった。斉昭には他にも多くの男子があり、親藩・外様を問わず多くの藩に養子に出されている。

水戸藩は幕末には斉昭が存在感を示したものの、藩内では保守派(諸生党)と改革派(天狗党)の抗争から統制を失い、藩士による「桜田門外の変」や「天狗党の乱」、弘道館戦争を招くとともに、藩論統一と財政難を克服することができず、幕末政局での主導権を握ることができなかった。

水戸藩/徳川家35万:徳川昭武 桜田門外の変や天狗党の乱で多くの有志を失い失速した水戸藩【幕末維新写真館】

最後の藩主「徳川昭武」は、幕末の動乱期にパリ万国博覧会に将軍「慶喜」の名代としてヨーロッパ派遣を命じられていたが、大政奉還と幕府の崩壊により、新政府より帰国の指示が出された。これにより日本へ帰国するとともに、長兄で水戸藩主の「慶篤」が死去したためそのまま水戸藩主に座る。

水戸藩/徳川家35万:徳川昭武 桜田門外の変や天狗党の乱で多くの有志を失い失速した水戸藩【幕末維新写真館】

明治2年(1869年)の版籍奉還、明治4年(1871年)の廃藩置県により、水戸県を経て、茨城県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの史跡評価ランキング

1 泉岳寺:浅野内匠頭以下赤穂浪士47名が眠る東京都港区の泉岳寺【日本の歴史 写真集(寺)】
5/5 (2)
2 大阪城:大阪冬の陣・夏の陣にて淀君・豊臣秀頼が自刃!豊臣秀吉が築城した大阪城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
3 金沢城:前田利家・前田利長の居城加賀100万石 日本三大庭園兼六園で有名な金沢城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
4 荒砥城:村上義清の一族で葛尾城の支城 山田国政の居城 荒砥城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
5 松山城:加藤嘉明により築城 国指定重要文化財の連立式天守が美しい伊予松山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
6 松前城:戊辰戦争で榎本武揚の旧幕府軍と交戦 新撰組にも攻撃された松前城(福山城)【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
7 津山城:織田信長の小姓森3兄弟(蘭丸・坊丸・力丸)の末弟 森忠政が居城 津山城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
8 二条城二ノ丸御殿:国宝 ユネスコ世界文化遺産の二条城二の丸御殿(遠侍と車寄)【日本の歴史 お城特集】
5/5 (1)
9 姫路城:白壁が美しい白鷺城 ユネスコ世界遺産 現存天守国宝 姫路城【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)
10 勝瑞城:阿波三好氏の重要な拠点で三好実休が細川持隆から奪取した勝瑞城 【お城特集 日本の歴史】
5/5 (1)

戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る