下野上田藩/西郷家1万石:西郷寿員 勤務怠慢により減封交替寄合格となり廃藩【幕末維新写真館】

下野上田藩/場所・アクセス・地図 西郷家1万石:西郷寿員 勤務怠慢により減封交替寄合格となり廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
下野上田藩

【説明】
元禄5年(1692年)2月7日、「徳川綱吉」の寵臣であった安房東条藩主「西郷寿員」は、下野国都賀郡・河内郡・芳賀郡に所領を移された。これにより、下野上田藩が立藩した。

だが、寿員の養父で隠居の「西郷延員」が不行状の咎を受けて寿員預かりの蟄居の身になると、寿員もその余波を受ける。翌元禄6年(1693年)11月、寿員は養父と同じく不行状・勤務怠慢などの罪を咎められて所領の半分を没収され、下野上田藩は2年足らずで廃藩となった。以後、西郷家は5千石の交替寄合となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る