鹿沼藩/内田家1万5千石:内田正親 下総国小見川藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

鹿沼藩/場所・アクセス・地図 内田家1万5千石:内田正親 下総国小見川藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
鹿沼藩

【説明】
正保4年(1647年)、小姓組番頭であった「朽木稙綱」は、鹿沼において5千石を加増され、2万5000石の大名として鹿沼藩を立藩した。しかし慶安2年(1649年)に稙綱は常陸国土浦藩に移され、代わって相模国・下総国・常陸国などで1万石を領していた「内田正信」が5000石加増の上、1万5千石で入封した。正信は慶安4年(1651年)の「徳川家光」の死去に伴って殉死したが、後を「内田正衆」が継いだ。

正衆が元禄12年(1699年)2月4日に死去した後は「内田正偏」が継いだが、正偏は享保9年(1724年)10月29日、狂気により妻女を傷つけた罪を咎められて蟄居処分となった。家督は嫡子「内田正親」が継ぎ、1万石に減封の上で下総国小見川藩に移され鹿沼藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る