板橋藩/大給松平家1万石:松平成重 三河西尾藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

板橋藩/場所・アクセス・地図 大給松平家1万石:松平成重 三河西尾藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
板橋藩

【説明】
慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」の前哨戦「伏見城攻防戦」で「松平近正」は戦死した。家督は嫡子の「松平一生」が継ぎ、父の武功を賞されて5千石を加増され1万石の大名として諸侯に列した。そして板橋藩を立藩した。

「松平一生」の死後はその子「松平成重」が継ぐ。成重は慶長19年(1614年)の安房国里見氏の改易で城受け取りを務め、翌年の「大坂夏の陣」でも武功を挙げたことから元和3年(1617年)、三河国西尾藩に2万石で加増移封となり、板橋藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事