上里見藩/松平家2万石:松平忠恒 小幡藩へ移封となり廃藩【幕末維新写真館】

上里見藩/場所・アクセス・地図 松平家2万石:松平忠恒 小幡藩へ移封となり廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
上里見藩

【説明】
上里見藩は寛延元年(1748年)8月、篠塚藩主であった「松平忠恒」が移封されたことから立藩した。表高は2万石。忠恒は奏者番・寺社奉行を兼務した「松平忠暁」の次男で、自身も奏者番と寺社奉行を兼務している。上里見藩主となった同年閏10月には若年寄となり、「徳川吉宗」の死去に当たってはその諸事を処理する役目に当たった。

その後も「徳川家重」や「徳川家基」ら歴代将軍の下で功績を挙げたことから、明和4年(1767年)上野甘楽郡などに所領を移され、以後、松平(奥平)氏は「小幡藩」として存続することとなった。この移封により上里見藩は廃藩となる。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る