前橋藩/松平家17万石:松平直克 大政奉還後の戊辰戦争ではいち早く新政府に恭順した前橋藩【幕末維新写真館】

前橋藩/場所・アクセス・地図 松平家17万石:松平直克 大政奉還後の戊辰戦争ではいち早く新政府に恭順した前橋藩【幕末維新写真館】
5/5 (1)

【藩名】
前橋藩

【説明】
幕末になって時の川越藩主「松平直克」に念願の前橋帰城が許された。足掛け4年におよぶ大規模な築城を経て、慶応3年(1867年)新「前橋城」が完成し、川越藩の石高17万石をもって前橋藩が再立藩したが間もなく「大政奉還」を経て「王政復古の大号令」となる。

前橋藩/場所・アクセス・地図 松平家17万石:松平直克【幕末維新写真館】

「戊辰戦争」が始まり、徳川慶喜が謹慎すると前橋藩はいち早く新政府へ恭順の意を示したが、飛び地領の上総富津では逆に富津陣屋が旧幕府軍に囲まれて家老が自刃した挙句、後になって新政府からは内通を疑われるという事件が起きている。明治4年(1871年)廃藩置県により前橋県となり、その後、群馬県に併呑された。

前橋藩/場所・アクセス・地図 松平家17万石:松平直克【幕末維新写真館】

前橋藩/場所・アクセス・地図 松平家17万石:松平直克【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

    • 匿名
    • 2018年 8 14日

    前橋市総社町高井には、前橋城 冠木門が今も残っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る