湯長谷藩/内藤家1万5千石:内藤政養 奥羽越列藩同盟に加盟各地に転戦したため新政府軍に攻められ落城した湯長谷藩【幕末維新写真館】

湯長谷藩/場所・アクセス・地図 内藤家1万5千石:内藤政養 奥羽越列藩同盟に加盟各地に転戦したため新政府軍に攻められ落城した湯長谷藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
湯長谷藩

【説明】
本藩にあたる「磐城平藩」内藤家は、延享4年(1747年)に「日向延岡」に転封されるが、湯長谷藩の内藤家はそのまま領地を保ち、幕末まで存続する。歴代藩主はほとんどが養子を迎えていた。

10代藩主「内藤政民」が藩校「致道館」を創設して自ら四書五経を講じたとされるほかは、幕末期まで特筆するような事件も発生していない。地元では「名藩主が多かった」と伝わっているが、これは歴代藩主が他家からの養子によるものだった理由が挙げられるかもしれない。

安政2年(1855年)、商人「片寄平蔵」が藩内の磐前郡白水村(いわき市内郷白水町)で石炭を発見し、後に湯長谷の地が常磐炭田の一大産業地になる礎が築かれた。第13代藩主「内藤政養」の時代に幕末の動乱を迎える。「戊辰戦争」では「奥羽越列藩同盟」に加盟し各地に兵を出したため、新政府軍に「湯長谷陣屋」を攻略される。

藩主「内藤政養」は仙台藩に逃れるがのちに降伏し、1,000石を召し上げられて「謹慎処分」を受けた。明治2年(1869年)になると養子「内藤政憲」が内藤家を継ぐことが認められ第14代藩主となった。明治4年(1871年)の「廃藩置県」により他の藩同様に「湯長谷藩」も廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


戦国リング 天地人直江兼続

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る