守山藩(水戸藩支藩)/松平家2万石:松平頼升 戊辰戦争では戦うことなく恭順した守山藩【幕末維新写真館】

守山藩(水戸藩支藩)/場所・アクセス・地図 松平家2万石:松平頼升 戊辰戦争では戦うことなく恭順した守山藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
守山藩(水戸藩支藩)

【説明】
幕末期の元治元年(1864年)、「武田耕雲斎」「藤田小四郎」らの「天狗党の乱」が勃発し、守山藩でもこの乱に加わった者が多数いたため、多くの藩士が処罰された。戊辰戦争が勃発すると、白河小峰城が「新政府軍」に突破され形勢が不利になった際、戦う事無くして降伏した。

明治2年(1869年)の「版籍奉還」で最後の藩主「松平頼升」は守山藩知事となる。明治3年(1870年)には「松平頼之」が藩の政庁を常陸松川(飛地)に移したため、守山藩は「松川藩」と改められた。

翌明治4年(1871年)の「廃藩置県」で松川藩は他藩同様「廃藩」となり松川県となる。その後、磐城国内の旧藩領(守山)は白河県・磐前県を経て福島県に編入され、常陸国内の旧藩領(松川)は新治県を経て茨城県に編入された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


(English) Japan / English

– PR –

FaceBook

ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る