長瀞藩/米津家1万1千石:米津政敏 庄内藩に与したため天童藩に陣屋を占拠された長瀞藩【幕末維新写真館】

長瀞藩/場所・アクセス・地図 米津家1万1千石:米津政敏 庄内藩に与したため天童藩に陣屋を占拠された長瀞藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
長瀞藩

【説明】
幕末時の長瀞藩では、幕末の藩主「米津政明」のときに藩内で攘夷討幕を叫ぶ声が高まり始める。政明は農民30余名を兵として取り立てて農兵を組織し、軍事改革を進めるなどの手腕を見せていた。しかし、藩内をまとめるだけの力は無く、慶応元年(1865年)12月11日に子の「米津政敏」に家督を譲って隠居してしまう。

政敏が跡を継いだ翌年、東根山内で兵蔵騒動(村山世直し騒動)と呼ばれる事件が起こり、藩は混乱した。戊辰戦争では庄内藩に与したため、慶応4年(1868年)4月に勤王派だった天童藩に陣屋を占拠されている。

その後、政敏は版籍奉還を行なって長瀞藩知事となり、これに伴い陣屋を長瀞から上総大網村に移した。このため、長瀞藩は大網藩と改称され、政敏は明治4年(1871年)2月2日に大網藩知事となった。そして同年5月9日、長瀞の領内は山形県に編入されることとなった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

口コミ情報 ~この史跡についてあなたが知っている情報をどんどんコメントして下さい~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご挨拶

本ホームページは個人が趣味の範囲で公開しております。説明文や文言等が正確ではない部分もあるかとは思いますがご了承下さい。
ページ上部へ戻る